健常者でも「幻肢」を体験可能、研究

 記事を読んだ限りでは具体的にどんな方法なのかハッキリとはわかりませんが、特別な器具を使用するわけではなく、被験者の腕を隠すだけのかなり簡単な仕掛けで「幻肢」を体験できるようです。

 結局のところ、こうしたことが簡単に起こるのは、人の認識は脳内で補完される情報の割合がかなり大きいからということになるのではないでしょうか。

2013年04月13日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレイザー錯視

フレイザー錯視

 渦巻き状になっているように見える曲線部分が、実は同心円です。この図形は錯視の王様とも呼ばれています。

2013年01月12日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

シルエット錯視

 動画の女性が右回りであるのか左回りであるのか、どちらにも見えます。この現象は、シルエットだけでは女性が奥を向いているのかこちらを向いているのかわからないため起こります。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

動く錯視

動く錯視 うねうねと動いているように見えます。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

色彩の錯視

色彩の錯視

 黄緑と青のハートに見えますが、実は同じ色です。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

フィック錯視

フィック錯視 AとBは合同な長方形ですが、Bのほうが長く見えます。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

きらめき格子錯視

きらめき格子錯視 灰色の直線が交差し白い円が描かれている箇所がチカチカときらめいているように見えます。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

ポゲンドルフ錯視

ポゲンドルフ錯視 一見してAとBが一本の線に繋がるように見えますが、実際に直線を伸ばすと繋がるのはAとCです。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

動く錯視

 動く錯視

 静画ですが、黄色い円が動いているように見えます。

2013年01月12日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

ヴント錯視

ヴント錯視 二本の垂直線が内側に歪んでいるように見えます。この図形は、心理学という学問分野を成立させ”心理学の父”と呼ばれるヴィルヘルム・ヴントによって報告されました。

2013年01月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認識というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:錯視

最近のコメント
最近のトラックバック

 / Copyright (C) 大雑把に形而上  All Rights Reserved.