超強台風(フォン・シャオニン/中国/2008):60点

 中国作品としては異例の巨額を注ぎ込んで製作されたパニック娯楽大作。巨大な台風が中国沿岸部の都市を襲い、市長が市民を守るために奮闘するストーリー。CGをほとんど使用せず、昔ながらのミニチュア特撮で災害の巻き起こる都市を描いていることが本作の最大の見どころで、迫力十分でありながらどこかノスタルジックな雰囲気を醸す特撮シーンがとても楽しい。ストーリー全体としても矢継ぎ早に様々なことが起こり、娯楽作として及第点以上。ただし、編集が”ジャンプ・カット”のように荒く、話が急に進んだり、集団で懸命に走る姿をスローモーションで感動的に描いたシーンが繰り返し登場するなど、いわゆる”ツッコミどころ”も満載になっている。そのため一流のエンターテイメント作と認めることはできないが、B映画ファンのような方々にとっては最高の作品に違いない。

2014年06月01日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398469121
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
最近のトラックバック

 / Copyright (C) 大雑把に形而上  All Rights Reserved.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。