SFクローン人間の復讐(ガス・トリコニス/アメリカ/1979)

 深夜映画で何度か見た「SFクローン人間の復讐」は、そこそこ面白い内容だった憶えがあります。

 それなのにSF映画の一本としてあまり語られないと思っていたら、実は劇場未公開のテレビ映画だったようです。

 あらすじは、ハッキリと記憶していませんが、科学者が自身のクローンを製造するのに成功して、そのクローンと最初は仲良くしていたものの、やがて殺し合いになって……というものだったはずです。

 最終的にオリジナルとクローンのどちらが勝ったのかはうやむやで、その後の日常生活シーンに登場する博士が本物なのかクローンなのかわからないままジ・エンド。

 クローン人間という設定をきちんと消化した正統派のSFストーリーといえるんじゃないでしょうか。

 ただし、ストーリーが間違っていたら、ごめんなさい。

 allcinema「SFクローン人間の復讐」

 

2013年01月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:SF映画

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
最近のトラックバック

 / Copyright (C) 大雑把に形而上  All Rights Reserved.