月世界旅行(ジョルジュ・メリエス/フランス/1902)

 史上初めてストーリー性を持った映画であり、かつSF映画です。

 全長が14分ほどと短いですが、天文学者達による月世界旅行計画の議論から宇宙船の製造までがしっかり描かれ、無事に到着した月では月人の襲撃に遭うという劇映画の面白さを味わうには十分な内容が盛り込まれています。

 傑作です。

2012年12月25日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックするタグ:SF映画

この記事へのコメント
子供の頃にこれ見たときは怖かった
Posted by at 2013年02月08日 12:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
最近のトラックバック

 / Copyright (C) 大雑把に形而上  All Rights Reserved.